夏の悲しい思い出

今でも忘れられないのが大学生のときに同好会のメンバーで海へ行ったときの事です。朝からしっかりとワキのお手入れをして 万全の状態で湘南の海へ向かったはずが、トンでもない事に。両腕を思いっきりあげて海の中で水かけをしてはしゃいでいた瞬間に、 男子から"わき毛みっけ!"と叫ばれてしまったのです。凍りついた私は慌ててワキを見てみると、朝、あれだけ念入りにお手入れした 筈なのに、ほんの1ミリ以下のムダ毛が伸び、それが黒い点々となって見えていたのでした。 それ以来、夏がトラウマになった私は水着やタンクトップを着ることができなくなってしまったのでした。 金山 脱毛